【保存版】会社員が副業しても絶対にバレない方法

ノウハウ

 

働き方改革により副業が解禁され、企業でも副業が一般化され始めました。

がしかし、まだまだ副業禁止の会社があるのではないでしょうか?

 

本業の給料だけでは生活が苦しい・・・

貯金がないから将来が不安・・・

子供や将来の為に副業をして、副業で稼いだ分は貯金に回したい・・・

 

この記事を見ているあなたにも、副業をしたい理由があるはず。

 

ここでは、こんなお悩みを解決します。

 

➡ 会社で副業が禁止されているけど、副業をして少しでもお金を稼ぎたい

➡ すでに副業を始めているけど、会社にバレないか心配

➡ 副業がバレない確定申告の方法を知りたい

 

とにかく副業していることが会社にバレたくない方は必見です。

 

※公務員の方はそもそも副業が、「法律で禁止」されていますのでおススメできません。

 

 

副業が会社にバレる理由

1、同僚や社内でうわさ話になってバレる

会社にバレる理由はほぼこのパターンです。

 

・同僚との会話の中でつい副業をしていることを話したり教えたりして

そこから上司などに漏れてしまってバレる。

⇒飲み会などで気が緩んで、つい喋ってしまったり・・・

⇒急にお金遣いが派手になって、副業を疑われたり・・・

 

まずはそんなことでバレないように普段の行動を気を付けましょう。

 

2、副業(アルバイト)をしている姿を見られてバレる

上司や同僚に副業している姿を見られてしまうと、言い逃れできませんよね。

副業をする際は、職種や働き方にも注意しましょう。

また、働く地域を本業と変えると、バレる可能性が格段に下がります。

 

3、住民税でバレる

副業をするにあたって、あなたが一番恐れているのはこの部分だと思います。

 

住民税が高くなって会社にバレると思っているあなた。

 

安心してください。

 

 

まずバレません!

 

税理士の「大河内 薫」先生も言っていましたが

 

どこの会社の経理部の人も、住民税の数字なんて気にしていません。

特に大きな会社ほどそんな気がします。

 

⇒大人数で業務をしていて、そこには必ず業務のマニュアルがあって、

住民税の納付書が来たら給与明細に書くみたいな感じです。

 

税金の何たるかをちゃんと理解して経理の業務をやっている人なんて

ほんとにごくわずかです。

 

 

ちなみに住民税は年収の10%くらいです。

 

【年収300万くらいの人が副業で100万(毎月10万くらい)稼いでも

よっぽど詳しい人でない限り数字では分からないです。】

 

・・・さすがに本業の年収以上に稼ぐとバレるでしょうけど。

 

 

確定申告では「普通徴収」を選択!

普通徴収とは、副業の部分の税金だけを自分で払ってしまう方法です。

なので、会社に通知されることもなく、絶対にバレることはありません。

普通徴収では、税金の納付書を自宅に送ってもらうことができます。

 

通常だと、住民税の請求は、本業と副業の分を合わせて会社に請求されるのですが、

この方法だと、副業の部分だけ別で自分で支払ってしまうので

本業の会社には本業の分の住民税の請求しかいきません。

 

だから絶対にバレることはありません。

 

・副業で稼ぎが19万円以下の場合は確定申告をする必要はないのですが

 

・副業で年間20万円以上稼いだ場合は、必ず自分で確定申告をしましょう。

※逆に20万円以上稼いでいるにもかかわらず、確定申告をしなかった場合は

脱税や未納になる可能性があるので注意してください。

 

 

確定申告は「freee(フリー)会計」がおすすめ!

 

確定申告は、初心者にはとても難しく、自分だけで行うには大変な作業です。

しかし、専門の人や税理士にお願いすると費用が高く、それでは何のために副業をしているのかわかりません。

 

そこでおすすめなのが「freee会計」です。

freee会計は、質問形式の項目に沿って入力するだけで、誰でもカンタンに確定申告の書類を作成することができます。

なので知識は一切不要!

初心者にもやさしい会計ソフトです。

 

利用は有料なのですが、freee会計の定額利用料金は、あとから経費として計上することができます。

なので実質ゼロ円で使うことができるのがメリットです。

 

おすすめは、一番安いスタータープラン(月/980円)です。

 

フリーランスだけでなく、企業でも使っているところが多く、確定申告には欠かせないツールとなっています。

 

無料でお試しもできるので、まずは無料お試しプランをご利用ください。

>>>freee会計を試してみる

 

起業をするなら「開業freee」がいちばん簡単!

もしも起業を考えているなら、「開業freee(フリー)」がおすすめ!

開業freeeとは、専門知識のない初心者でも、かんたんに開業ができるツールです。

しかも、利用料金はすべて無料です!

 

項目を入力していくだけで、だれでも開業書類を作ることができます。

 

起業をするメリットは、税金対策ができること。

確定申告の際に、65万円の特別控除を受けることができます。

 

フリーランスの方でも、社員が自分ひとりだけでも起業することができます。

 

>>>開業freeeを無料で始めてみる

 

会社が副業を禁止している理由3つ

1、本業の仕事に集中できなくなる

・これは、副業で疲れてしまって、本業の仕事中に「寝不足」や「疲労」

が原因で本来のパフォーマンスが発揮できなくなるリスクがあるからです。

 

2、情報漏えいの防止

・これは、同業種などで副業をした場合に、会社の機密情報が漏れてしまう

のを防ぐためです。

 

3、残業の管理が難しいため

・これは、36協定で残業時間に制限があり、本業の会社が従業員の残業時間

 を管理する義務があるためです

 

 

フリーランスは副業にあたらない

【フリーランスは個人事業主に分類されるため、副業にはあたりません】

なぜなら、個人事業主には残業の概念がないからです。

 

たとえば、ブログ・アフィリエイト・ユーチューバーは「フリーランス」

に該当します。

 

クラウドワークスやランサーズやココナラなどで案件を受注している方も

「フリーランス」に該当します。

 

 

この記事をかいている僕も現役の会社員ですが

「ネットで稼ぐ行為は副業にあたらない」

会社に確認がとれています。

会社に申告する義務もありません。

 

だからブロガーやアフィリエイターやユーチューバーの方

または今からそれを目指す方は安心してください。

 

フリーランスは副業にあたりません。

 

副業がバレない理由まとめ

フリーランスではなく、「アルバイト」などで副業をしている方でも大丈夫です。

 

まず基本的に副業をしてもそう簡単には会社にバレません。

※万が一バレるとしたら、本業以上に稼いでしまった時です。

 

もしそれくらい稼いでしまっている時点で会社にバレたとしたら

思い切って辞める選択肢や、副業OKの会社に転職する選択肢があります。

⇒だって会社を辞めたって生活できるくらい稼いでいるってことだから。

 

 

※ただし、するべき事はきちんとしましょう。

 

もし副業で年間20万円以上稼いだ場合は、

きちんと確定申告をしましょう。

➡そして「普通徴収」で自宅に送ってもらいましょう。

確定申告は「freee会計」を使うのがおすすめ!

難しい確定申告が、初心者でもかんたんにできるツールです。

>>>freee会計

 

 

最後にもう一度言いますが、

フリーランス(個人事業主)は副業に該当しません。

⇒なぜなら、個人事業主に残業という概念はないからです。

 

現在フリーランスの方向けのおすすめの求人サイトは下記にて確認できます。

404 NOT FOUND | 元祖!ぴろきちブログ
【初心者~中級者向け】~まずはブログで5万円稼ごう!~

 

あなたも副業ライフを楽しんで人生を豊かにしましょう!

 

以上となります。

タイトルとURLをコピーしました